北朝鮮国営の朝鮮中央通信は27日、ポンペオ米CIA長官が北朝鮮の核ミサイル能力への警告を強めていることについて、「(平昌冬季五輪を受け)良好に進んでいる北南関係の進展を阻もうとする」ものであると非難する論評を配信した。

ポンペオ氏は23日、ワシントン市内のシンクタンクの講演で、北朝鮮が米本土を核攻撃する能力を持つまでに「数カ月だろう」と指摘。さらに北朝鮮が核・ミサイル開発をする狙いについて、「体制維持のためにとどまらず、自らの主導で(韓国と)南北統一するという最終目標のために圧力をかけることにある」との分析を明らかにした。22日の米CBS放送とのインタビューでも同様の発言を行っている。

これに対して論評は、「朝鮮半島情勢が緊張緩和と平和に向かっていることに対する不満の表出として、なんとしても北南和解の雰囲気を逆戻りさせ、われわれの『非核化』に再び国際的焦点を合わせようとするトランプ一味の陰険な企図の発露である」と非難した。

論評の全文は次のとおり。

「北の核・ミサイル脅威」説を流す米国の真意は何か 朝鮮中央通信社論評

【平壌1月27日発朝鮮中央通信】最近、米中央情報局(CIA)の局長なる者が連日、われわれの核攻撃能力についてうんぬんしながら大統領のための「多様な選択」を準備していると言いふらした。

彼は去る22日、米CBS放送とのインタビューで、北朝鮮が数カ月内に米本土を核打撃できる能力を保有することができるであろう、米行政府はこの時間表を延長するために熱心に努力していると言い、「北朝鮮の核兵器開発計画が米国の政策作成において主な危険」になっていると力説した。

23日、ワシントンで行われた講演でも、「北朝鮮の次の目標は米国を狙って数基の弾道ミサイルを同時に発射する能力を備えることである、北朝鮮はお金を稼ぐために核・ミサイル技術を競売に付して売りかねない、北朝鮮問題を外交的方法で解決するのが不可能な場合、大統領に多様な選択案が提示されるであろう」と言い散らした。

米国の政界と行政府の高位人物の間で対朝鮮軍事的選択の妄言がはばかることなく吐かれる中、このようにわれわれの「核・ミサイル脅威」説を大げさに世論化している意図が尋常でない。

これは、朝鮮半島の情勢が緊張緩和と平和へ志向されていることに対する不満の表出として、なんとしても北南和解の雰囲気を逆戻りさせ、われわれの「非核化」に再び国際的焦点を合わせてみようとするトランプ一味の陰険な企図の発露である。

今、全世界はわれわれの主動的で雅量のある決断によって朝鮮半島に和解と協力の雰囲気が醸成されたことを心から喜びながら、今回の冬季オリンピックが平和と和解の契機になることを願っている。

しかし、これと相反して米国はせっかくもたらされた朝鮮半島情勢緩和の雰囲気を壊してみようとやっきになっている。

カール・ビンソン、ロナルド・レーガン、ジョン・ステニスの原子力空母打撃団とB2、B52核戦略爆撃機のような核戦争装備を朝鮮半島に大々的に送り込んで情勢を故意に緊張させる一方、対朝鮮制裁強化を叫びながら肯定的な情勢発展にブレーキをかけようとしている。

先日、カナダで朝鮮戦争の戦敗諸国でいわゆる「外相会議」なるものを開き、「海上封鎖をはじめ米主導の最大圧迫戦略の効率性向上」を主張したのもまさに、その一環である。

このような中、CIAの局長なる者が連日出てわれわれの「核・ミサイル脅威」説を世論化している下心はほかにあるのではない。

米国の目的は、われわれに「挑発者」のレッテルを貼り付けて国際社会を対朝鮮制裁・圧迫へ誘導し、良好に進んでいる北南関係の進展を阻んでみようとするところにある。

諸般の事実は、米国が願うのが朝鮮半島の緊張緩和ではなく情勢激化であり、平和ではなく戦争であることを如実に示している。

国際社会は、誰が真に朝鮮半島と地域の平和を願い、世界の平和と安定を脅かす張本人が誰なのかをはっきり見分けるべきであろう。---

    関連記事