論評の全文は次のとおり。

「北の核・ミサイル脅威」説を流す米国の真意は何か 朝鮮中央通信社論評

【平壌1月27日発朝鮮中央通信】最近、米中央情報局(CIA)の局長なる者が連日、われわれの核攻撃能力についてうんぬんしながら大統領のための「多様な選択」を準備していると言いふらした。

彼は去る22日、米CBS放送とのインタビューで、北朝鮮が数カ月内に米本土を核打撃できる能力を保有することができるであろう、米行政府はこの時間表を延長するために熱心に努力していると言い、「北朝鮮の核兵器開発計画が米国の政策作成において主な危険」になっていると力説した。

23日、ワシントンで行われた講演でも、「北朝鮮の次の目標は米国を狙って数基の弾道ミサイルを同時に発射する能力を備えることである、北朝鮮はお金を稼ぐために核・ミサイル技術を競売に付して売りかねない、北朝鮮問題を外交的方法で解決するのが不可能な場合、大統領に多様な選択案が提示されるであろう」と言い散らした。

    関連記事