北朝鮮女性アイドルの波乱の運命(5)

北朝鮮には現在、最高指導層に近づいた元歌手が二人いる。一人は、玄松月(ヒョン・ソンウォル)氏。韓国で来月9日から開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪に派遣される芸術団・三池淵(サムジヨン)管弦楽団の団長として韓国のみならず日本でも注目を集めている女性だ。

ポチョンボ電子楽団の歌手だった玄氏は、今はモランボン楽団の団長でもあり、昨年10月には朝鮮労働党中央委員会の委員候補となった。男女問わず、元歌手の中央委員会入りは前例がない。さらには平昌五輪を巡る南北実務会談に出席し、芸術公演の事前調査の団長として訪韓するなど、存在感を高めている。

玄氏はおそらく、高い実務能力を備えているものと思われるが、それ以上に、金正恩氏党委員長との間に特別な関係があると見て間違いない。そのせいか、玄氏を巡っては「処刑された」「または金正恩氏の元カノだ」などなど、様々な噂が絶えない。

(参考記事:金正恩氏「元恋人を処刑」情報の舞台裏…父にも同様の過去が

そして、元歌手として金正恩氏の妻、すなわちファーストレディーの座に上りつめたのが李雪主(リ・ソルチュ)氏だ。

李雪主の存在に注目が集まったのは、金正恩氏が最高指導者になってから半年後の2012年7月だった。先述の玄氏が団長、いわば総監督を務めるモランボン楽団の初公演を金正恩氏と共に鑑賞した。

李雪主氏は、音楽のエリート学校とされる金星(クムソン)学院出身だと伝えられている。日本のキー局が同校を取材した際、物怖じせずにインタビューに答える彼女の姿がカメラに収められている。同校在籍時から何らかの野心を抱いていたのか、自己アピールすることに余念がなかったようだ。

金星学院の女子学生たちは、良家出身の子女が多いとされている。一方、北朝鮮で幹部を中心に開かれる秘密のパーティーに動員されることもある。となると、必然的に指導層の目にとまることも多くなる。

(参考記事:北朝鮮「秘密パーティーのコンパニオン」に動員される女学生たちの涙

李雪主氏は2005年に韓国で行われた仁川アジア陸上選手権大会に、美女応援団の一員として参加した。韓国入国時には手を振りながら余裕の笑顔を見せた。その後、後にスキャンダル騒動で解散させられる銀河水(ウナス)管弦楽団の歌手として活動を始めることになる。

実は、この過程で李雪主氏はファーストレディーの道を歩むきっかけをつかんだという裏話がある。脱北者で平壌中枢の人事情報に精通する李潤傑(イ・ユンゴル)北朝鮮戦略情報センター代表によると、李雪主氏を金正恩氏の夫人候補として目をつけたのが金正恩氏の叔父・張成沢(チャン・ソンテク)氏だった。

銀河水の団員選抜を統括していた張氏が、李雪主氏を金正恩氏の夫人候補として金正日に進言した。金正日氏も李雪主を気に入り、金正恩氏にすすめたというのだ。

韓国の情報によると、金正恩氏と李雪主氏は2009年に結婚したとされている。もちろん、結婚情報はトップシークレットだった。そもそも2009年の時点では、金正恩氏は公式登場していない。また、後継者として確定したのかも不明だった。

しかし、2010年10月に金正恩氏が公式登場する前後から、李雪主氏の歌には金正恩氏との関係を巧みに示唆する内容が込められていた。李雪主氏が翌2011年の新春公演で歌った2曲は、金正恩氏に贈ったメッセージだったに違いない。

(参考記事:【動画】李雪主夫人が歌に込めた「秘密」のメッセージ

その後、正式にファーストレディーとなる李雪主氏だが、あるスキャンダル騒動に巻き込まれかけたこともある。

彼女が所属していた銀河水管弦楽団は2013年に強制的に解散させられる。その2年後の2015年には、同楽団のメンバー4人が、平壌郊外の「美林(ミリム)ポル」という場所で銃殺された。

メンバーらが「ポルノ撮影」事件の罪に問われて処刑されたと伝えられているが、当初、映像には李雪主氏も登場していたとの噂まで流れたのだ。さらには、韓国の一部メディアは李雪主氏と張氏は不倫関係にあったという噂まで報じた。仮にそうだとするなら、李雪主氏もただではすまなかったはずだが、張氏はスキャンダル情報が出た2013年の年末に処刑されている。

(参考記事:「芸術団虐殺事件」に隠された金正恩夫人の男性スキャンダル

ファーストレディーの李雪主氏と北朝鮮芸術を代表する玄松月氏。2人の元歌手は、北朝鮮政治のなかでどこまで存在感を高めていくのだろうか。(つづく)

高英起(コウ・ヨンギ)

>>連載「高英起の無慈悲な編集長日誌」一覧

1966年、大阪生まれの在日コリアン2世。北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。北朝鮮問題を中心にフリージャーナリストとして週刊誌などで取材活動を続けながら、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に 『脱北者が明かす北朝鮮』 『北朝鮮ポップスの世界』 (共著) 、 『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―』 など。

脱北者が明かす北朝鮮 (別冊宝島 2516) 北朝鮮ポップスの世界 金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔 (宝島社新書) コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記