北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、安倍政権を非難する論評を配信した。現在、北朝鮮と韓国が進めている南北対話に対して慎重な見方を示している日本政府に対して反発した形だ。

論評は、河野太郎外相、菅義偉内閣官房長官、小野寺五典防衛相らを「安倍一味」としながら、「北南間の和解の局面が始まった初期から対話のための対話になってはいけない」「最大の圧迫を加えて北朝鮮の政策を変えるという既存政策には変わりがあってはならない」などと主張したことに言及した。

また、安倍晋三首相が欧州を訪問した際に、「『北朝鮮が欧州全体を威嚇』するという荒唐無稽なほらを吹き、われわれのイメージをダウンさせる意地悪な言動をこととした」と指摘した。