北朝鮮の対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会(祖平統)の報道官(スポークスマン)は23日、訪韓した同国の調査団に対する韓国市民団体の抗議活動について「千秋に許せない特大型の犯罪行為」と非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

韓国で来月開催される平昌(ピョンチャン)冬季五輪に合わせた芸術団の公演に向け、玄松月(ヒョン・ソンウォル)氏を団長とする7人の調査団が21日に韓国入りした。この際、ソウル駅前では保守系の市民団体が集会を開き、玄氏ら一行に罵声を浴びせた。

(関連記事:「これでは平昌でなく平壌五輪だ」北朝鮮調査団に罵声…韓国市民団体

これに対して談話は「ソウルの中心で白昼に繰り広げられた特大型の挑発行為」としながら、「北南関係の改善と統一へ向かう民族史の流れに挑戦した逆賊一味の妄動がどの域に至ったのかを赤裸々に見せた」と指摘した。