人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、市民団体が金正恩党委員長の肖像画や北朝鮮国旗などを燃やしたことについて、「天人共に激怒する蛮行まではばかることなく働いた」とし、「オリンピックを北南対決場につくろうとする故意の政治的挑発として、千秋に許せない特大型の犯罪行為である」と非難した。

さらに、「同族に対する初歩的な礼儀と道徳はおろか、人間の体裁を完全に喪失した人間廃物、生かしておくと民族に害悪だけを及ぼす歴史の汚物がまさに、かいらい保守一味である」と強調した。

つづけて、韓国政府が「保守悪党らの極悪非道な妄動とそれを黙認した」とし、「南朝鮮当局の誤った対処を絶対に許さないであろうし、冬季オリンピックに関連する今後の行動措置も慎重に考慮せざるを得ない」と五輪参加の撤回をほのめかした。

その上で、韓国政府に対して「保守やからの対決狂気によってオリンピック参加のための北南合意と日程が台無しになるなら、その全責任は保守一味と南朝鮮当局が負うことになるであろう」と忠告。「われわれは、北南関係を大事にするが特大型の挑発行為に執着してわれわれの最高の尊厳と国家の神聖な象徴にあえて挑戦した対決狂信者らの不作法な妄動を見てまで引き続き善意と雅量を施す考えはない」とクギを刺した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事