北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は22日、署名入りの論説で経済制裁を科せられても「未来は限りなく明るい」と主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

国際社会の経済制裁によって生じかねない国民の動揺を抑え、内部統制を図る狙いがあると見られる。

論説は、「敵対勢力の反共和国孤立・圧殺策動は史上類のない最も野蛮な狂乱であった」と指摘した。