北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は22日、大韓帝国初代皇帝の高宗が死去した日に合わせて、日本が朝鮮半島を植民地支配したことを非難する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、1919年1月22日に高宗は「日帝によって無残に毒殺された」とし、「日帝が朝鮮に対する植民地支配をいっそう徹底的に実現するために働いた特大型の犯罪だ」と非難した。

また、「わが国に対する数十年間にわたる日帝の植民地支配は、朝鮮民族の全滅を狙った前代未聞の極悪な反人倫犯罪である」と強調した。

つづけて、「民族の歴史と伝統を踏みにじり、言語と文字まで奪おうとのさばった極悪な帝国主義はない」と述べた。

その上で、「日帝の反人倫犯罪は、歳月がいくら流れても覆い隠せない。20世紀の前半期に日帝が働いた極悪な各犯罪は、国家的・組織的犯罪として当然な国家的賠償が成されなければならない」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝鮮人民に働いた日帝の特大型の反人倫犯罪には時効がない

【平壌1月22日発朝鮮中央通信】22日付の「労働新聞」は、朝鮮民族の国家主権の代表者であった高宗皇帝が日帝によって無残に毒殺された日に際して署名入りの論説を掲載した。

同紙は、1919年1月22日の高宗皇帝毒殺は日帝が朝鮮に対する植民地支配をいっそう徹底的に実現するために働いた特大型の犯罪だと具体的な資料を上げて暴いた。

また、白昼に一国の皇帝を毒殺した蛮行は日帝が朝鮮に対する植民地支配を実現するためにいかなる犯罪もためらわなかったということを示す厳然たる証拠になるとし、次のように強調した。

わが国に対する数十年間にわたる日帝の植民地支配は、朝鮮民族の全滅を狙った前代未聞の極悪な反人倫犯罪である。

歴史には、帝国主義者の植民地支配に関連する資料が数多く記録されているが、数千年をまたいできながら形成された民族の歴史と伝統を踏みにじり、言語と文字まで奪おうとのさばった極悪な帝国主義はない。

日帝の反人倫犯罪は、歳月がいくら流れても覆い隠せない。

20世紀の前半期に日帝が働いた極悪な各犯罪は、国家的・組織的犯罪として当然な国家的賠償が成されなければならない。

日帝がわが人民に働いた特大型の反人倫犯罪には、時効がない。---

    関連記事