つづけて、「民族の歴史と伝統を踏みにじり、言語と文字まで奪おうとのさばった極悪な帝国主義はない」と述べた。

その上で、「日帝の反人倫犯罪は、歳月がいくら流れても覆い隠せない。20世紀の前半期に日帝が働いた極悪な各犯罪は、国家的・組織的犯罪として当然な国家的賠償が成されなければならない」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。