つづけて、安倍政権のこうした動きに対して、「なんとしても現行憲法を改悪して日本を戦争ができる国家に作ろうとするところにその目的がある」と指摘した。

さらに、日本人拉致問題について「われわれの誠意と努力によってすでに解決済みの問題であることは世間が知っている事実である」とし、「今だに拉致問題をあちこちで取り上げるのは長期執権を狙った欺まん劇」だと非難した。

その上で、「安倍一味は、天に唾すような行為に執着せず、変わったわが共和国の戦略的地位を直視して対朝鮮政策を変更する方がよかろう」と忠告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事