北朝鮮外務省の日本研究所のスポークスマンが18日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、日本の安倍政権が「反共和国制裁・圧迫策動にいっそう執着している」と非難した。

スポークスマンは、安倍晋三首相が一部の欧州諸国を訪問し会談する際に、「毎度、われわれの『核、ミサイル開発』と拉致問題を取り上げて、これらの国を反共和国圧迫共助に引き入れようと悪らつに策動した」と主張した。

また、河野太郎外相がアラブ首長国連邦やカナダを訪れて、「(北朝鮮との)外交関係断絶など圧力を扇動した」と述べた。