つづけて、米国は「朝鮮半島で平和ではなく、戦争を願っている」とし、「米国がいくら核のこん棒を振りかざして平和を破壊しようとのさばっても、われわれに強力な核抑止力があるのでどうしようもない」と述べた。

その上で、「他国のことに干渉しながらせん越に振る舞って恥だけをかくのではなく、自滅へ突っ走る自国の運命について心配する方がよかろう」と米国に忠告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事