北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は17日、署名入りの論評で、米国は南北関係に難くせをつけるなと主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮と韓国が対話を進めるなか、米国の干渉を非難した。

論評は、ヘイリー米国連大使が北朝鮮が核を放棄しない限り「いかなる対話も真剣に受け止めない」と述べたことや、米上院議員が南北対話に否定的であることに言及し、「せん越な行為である」と述べた。

また、「北南関係はあくまでもわが民族の内部問題であり、米国が干渉して難くせをつけることではない」と強調した。

つづけて、米国は「朝鮮半島で平和ではなく、戦争を願っている」とし、「米国がいくら核のこん棒を振りかざして平和を破壊しようとのさばっても、われわれに強力な核抑止力があるのでどうしようもない」と述べた。

その上で、「他国のことに干渉しながらせん越に振る舞って恥だけをかくのではなく、自滅へ突っ走る自国の運命について心配する方がよかろう」と米国に忠告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 北南関係問題に干渉する米国を糾弾

【平壌1月17日発朝鮮中央通信】先日、米国連大使ヘイリーは北南間の会談の再開に慎重に対しない、朝鮮が核兵器を放棄するようにすることに何の作用もないなら米国はいかなる対話も認めたり承認したりしないと言った。

共和党所属のタカ派人物である米議会上院議員リンゼー・グラムをはじめとする有象無象まで口を合わせて南朝鮮が対話を拒否すべきだの、もし、朝鮮が冬季オリンピックに参加する場合、米国は行かないだのというほらを吹いた。

17日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これはせん越な行為であると嘲笑(ちょうしょう)した。

同紙は、北南関係はあくまでもわが民族の内部問題であり、米国が干渉して難くせをつけることではないと明らかにした。

ところが、米国は無分別にもこれに顔を突っ込んで北南対話をしてはならないと干渉していると糾弾した。

米国は朝鮮半島で平和ではなく、戦争を願っていると暴露した。

同紙は、わが民族の内部問題にあくまでも干渉して自分の利己的目的を追求するのは米国の常套的手口であると暴き、次のように強調した。

米国は、誤算している。

ことは決して、米国が願う通りにならないであろう。

米国がいくら核のこん棒を振りかざして平和を破壊しようとのさばっても、われわれに強力な核抑止力があるのでどうしようもない。

米国に忠告しておくが、他国のことに干渉しながらせん越に振る舞って恥だけをかくのではなく、自滅へ突っ走る自国の運命について心配する方がよかろう。---

    関連記事