北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は17日、署名入りの論評で、米国は南北関係に難くせをつけるなと主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮と韓国が対話を進めるなか、米国の干渉を非難した。

論評は、ヘイリー米国連大使が北朝鮮が核を放棄しない限り「いかなる対話も真剣に受け止めない」と述べたことや、米上院議員が南北対話に否定的であることに言及し、「せん越な行為である」と述べた。

また、「北南関係はあくまでもわが民族の内部問題であり、米国が干渉して難くせをつけることではない」と強調した。