北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は16日、日本の安倍晋三首相や菅義偉官房長官らを名指しで非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮と韓国が南北対話を進めるなか、日本に対して横やりを入れるなとけん制し、日韓関係にくさびを打ち狙いがあると見られる。

論評は、安倍氏と菅氏、小野寺五典防衛相、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長などが、北朝鮮の非核化に向けて「最大限の圧力をかけ続ける」「非核化に向けた具体的な行動をとらない限り、本格的な対話には応じない」と主張したことに言及し、「朝鮮半島の緊張を意図的に激化させて漁夫の利を得てみようとする日本の反動支配層の低劣で意地悪な根性の発露である」と非難した。