北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は16日、日本の安倍晋三首相や菅義偉官房長官らを名指しで非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮と韓国が南北対話を進めるなか、日本に対して横やりを入れるなとけん制し、日韓関係にくさびを打ち狙いがあると見られる。

論評は、安倍氏と菅氏、小野寺五典防衛相、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長などが、北朝鮮の非核化に向けて「最大限の圧力をかけ続ける」「非核化に向けた具体的な行動をとらない限り、本格的な対話には応じない」と主張したことに言及し、「朝鮮半島の緊張を意図的に激化させて漁夫の利を得てみようとする日本の反動支配層の低劣で意地悪な根性の発露である」と非難した。

また、「安倍一味が朝鮮半島の情勢緩和を緊張激化へと逆戻りさせようとあくまでも狂奔しているのは長期執権を維持しようとする陰険な目的がある」と述べた。

つづけて、「軍事大国化、軍国主義野望を実現するところにも主要な目的がある」と指摘した。

その上で、安倍政権が「対朝鮮圧殺政策を固執するのは、そのためである」とし、「日本は無分別にのさばるのではなく朝鮮民族に働いた特大型の反人倫犯罪に対する清算からする方が賢明な行動である」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝鮮半島情勢の激化から利益をむさぼろうとする日本反動層の意地悪な根性を暴露、糾弾

【平壌1月16日発朝鮮中央通信】共和国の主動的な措置によって、朝鮮半島情勢が緩和へと方向を回している。

ところが、日本首相の安倍と内閣官房長官の菅、防衛相の小野寺、外務省アジア太洋州局長の金杉など複数の人物は、全ての手段を利用して朝鮮に最大限の圧力を加えようとする方針には変わりがないだの、朝鮮が非核化のための具体的な行動を取らない限り、本格的な対話に応じないだのと言って、情勢を別の方向へと向かわせようとしている。

16日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは朝鮮半島の緊張を意図的に激化させて漁夫の利を得てみようとする日本の反動支配層の低劣で意地悪な根性の発露であると糾弾した。

同紙は、安倍一味が朝鮮半島の情勢緩和を緊張激化へと逆戻りさせようとあくまでも狂奔しているのは長期執権を維持しようとする陰険な目的があると暴き、次のように続けた。

長期執権を夢見る安倍一味は、自分らに注がれる日本の民心の憤怒をよそに回して危機を免れようとしている。

軍事大国化、軍国主義野望を実現するところにも主要な目的がある。

安倍一味の「宿願」は、日本を戦争国家につくることである。

朝鮮半島情勢の緩和は、戦争国家のつくり上げを最終目標に掲げた安倍一味に不利である。

彼らが対朝鮮圧殺政策を固執するのは、そのためである。

同紙は、日本は無分別にのさばるのではなく朝鮮民族に働いた特大型の反人倫犯罪に対する清算からする方が賢明な行動であると強調した。---

    関連記事