生徒たちが1年で一番楽しみにしているのは、やはり長期休暇だろう。学校教育からの解放感、長い間、頭の中で寝かしていただけの計画を実践に移すことができる絶好の機会が、まさに長期休暇だ。

特に、最近のように蒸暑い夏休みは、海に行くのがおきまりだ。韓国では休みを迎え、語学研修に行くのも流行っている。子供たちのための‘サッカー教室’や‘韓国の舞踊’など、様々なキャンプも生徒たちを待っている。

ところで、北朝鮮の生徒たちはどのような夏休みを送っているのだろうか。

北の生徒たちの休みは、夏と冬にある。春休みはない。冬休みは1月から始まる。小学校は2月16日(金正日の誕生日)まで、中学校(中、高等学校)や大学は1月末までだ。大学の休みは韓国よりも1ヶ月ほど短い。夏休みは8月だ。

北朝鮮の生徒たちは休みの日も忙しい。午前は団体体操、革命史跡地や革命戦跡地の掃除などがあり、村や区域ごとに用意されている学習班の勉強に参加しなければならない。

午後には自由時間がある。また、週1回ずつ社会主義労働青年同盟や少年団で開かれる生活総和に参加しなければならないから、休みでも自由時間は多くない。

移動の自由が制限されていて、家族と海に旅行に行くなど、夢にも見られない。

小、中学生、‘よいことをする運動’に参加

北朝鮮の小・中学生がする代表的な活動に、‘よいことをする運動’というのがある。

代表的なものに、軍に服務していて、負傷して除隊した栄誉(傷痍)軍人の助け合い、故金日成主席や金正日総書記の革命史跡地周辺の飾りなどがある。

冬休みは寒さをものともせず、バスケットボールや鉄棒運動など、‘背がのびる運動’を沢山して、休みが終わった後、運動場や教室に備えられた身長計で、生徒たちの運動の実績を評価する。

大学生は協同農場や生産業社などの産業現場に出て、勤労者の士気を高める活動に参加する。

北朝鮮の生徒たちは、毎年休みの期間を利用して、工場や企業所を対象にした経済煽動と、各種の支援活動の他にも、歴史遺跡の参観、鉄や紙などの廃品回収など、社会政治活動をして休みを送っている。

残りの時間は自分の思った通りに送ることができるが、1ヶ月しかない休みの期間に、様々な日程をこなしたら、残った時間は十分ではない。北朝鮮の休みは、スケジュールの連続といえる。

    関連記事