米ハワイ州で日本時間の14日午前3時すぎ(現地時間13日午前8時すぎ)、北朝鮮からハワイに向かって弾道ミサイルが発射されたとする警報メッセージが誤って住民や観光客の携帯電話に一斉送信され、一部の住民らが避難を始めるなどパニックになった。

メッセージは「ハワイへの弾道ミサイルの脅威。すぐに身を隠してください。これは訓練ではありません」との内容で、州内の携帯電話に強制的に送られる仕組み。

その後、このメッセージの配信は誤作動だったことがわかり、最初のメッセージが出てから38分後に「ハワイへのミサイルの脅威や危険はありません。誤作動です」というメッセージが送られた。

ロイター通信によると、フロリダ州でゴルフをしていたトランプ大統領は、警報を受けてプレーを中断したという。