北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は13日、南北関係改善の方針は「金正恩委員長の崇高な愛国意志の発現」とする署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩氏は、1月1日に発表した今年の施策方針演説にあたる「新年の辞」で南北関係の改善を呼びかけた。金正恩氏の呼びかけに応える形で南北高位級会談が9日開催され、北朝鮮が平昌(ピョンチャン)冬季五輪へ参加するなどの合意が交わされた。論説は、会談は金正恩氏の成果だと強調する狙いがある。

論説は、「非常に強化された共和国の総合的国力とそれによって変わった朝鮮半島の戦略的構図、現情勢と民族内部で日を追って高まる統一志向を正確に反映している最も積極的な統一方針である」と述べた。「非常に強化された総合的国力」とは、金正恩氏が新年の辞で成果を強調した「国家核戦力」を指すと見られる。