北朝鮮が7日、南北軍事境界線のある板門店で9日に開かれる予定の南北高官級会談に出席する5人の代表団の名簿を韓国側に通知した。韓国の統一省が明らかにした。

北朝鮮の代表団は、対南窓口機関である祖国平和統一委員会(祖平統)の李善権(リ・ソングォン)委員長を主席代表とし、体育省の元吉宇(ウォン・ギルウ)次官、民族オリンピック委員会の委員らで構成される。

一方、韓国の代表団は、趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相を首席代表とし、千海成(チョン・へソン)統一省次官や盧泰剛(ノ・テガン)文化体育観光省第2次官らが加わる。

会談は北朝鮮の平昌(ピョンチャン)五輪への参加問題が中心になると見られる。北朝鮮の金正恩党委員長は、今回の会談に出席する祖平統の委員長に対し、平昌五輪への参加について前向きな指示を出している。

(関連記事:金正恩氏、平昌五輪参加へ意欲…南北対話を指示