北朝鮮の金正恩党委員長の委任により、祖国平和統一委員会(祖平統)の委員長が3日、韓国で2月9日から開かれる平昌(ピョンチャン)五輪への代表団派遣に関する同国の立場を発表した。

金正恩氏は1月1日に発表した新年の辞で平昌五輪に代表団を派遣する用意があると表明した。また、南北関係の改善に前向きと読めるメッセージを発した。

(関連記事:金正恩氏の新年の辞「平昌に参加も」表明はワナである

祖平統の委員長は、金正恩氏が平昌五輪への参加と南北関係改善の問題における立場を発表したことに対して、韓国の青瓦台(大統領府)と文在寅大統領が歓迎の立場を表明したことに言及。これに対して金正恩氏が「肯定的に高く評価しながら歓迎の意を表明した」と述べた。