6日付の北朝鮮の各紙は、「社会主義強国建設の最後の勝利を目指して力強く闘って行こう」とアピールする社説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮に対する国際社会の圧力が強まるなか、金正恩党委員長が1月1日に発表した新年の辞を通じて内部結束を図る狙いがあると見られる。

朝鮮労働党機関紙・労働新聞は2018年を「偉大な勝利の年」にするためには、全人民が「革命的楽観を持ってより奮発して力強くたたかっていかなければならない」と強調した。