6日付の北朝鮮の各紙は、「社会主義強国建設の最後の勝利を目指して力強く闘って行こう」とアピールする社説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮に対する国際社会の圧力が強まるなか、金正恩党委員長が1月1日に発表した新年の辞を通じて内部結束を図る狙いがあると見られる。

朝鮮労働党機関紙・労働新聞は2018年を「偉大な勝利の年」にするためには、全人民が「革命的楽観を持ってより奮発して力強くたたかっていかなければならない」と強調した。

また、「金正恩委員長の指導は強大な社会主義朝鮮の躍動する力、わが革命の百勝の旗印である」と述べた。

さらに、米国などは「わが軍隊と人民の胸の中に刻み付けられた朝鮮労働党に対する確固たる信頼、必勝の信念と楽観」を恐れているとし、「それを崩そうとあらゆる卑劣な策動を弄している」と指摘した。

その上で、「全ての党員と人民軍将兵、人民」は、「党中央の構想と決心を立派に実践していく英雄的朝鮮人民の気概を力強く誇示すべきである」と主張した。

北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は「最高指導者金正恩委員長の指導がある限り、2018年は朝鮮人民にとってもう一つの勝利の年として輝く」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮の各紙 朝鮮労働党の指導に従って力強く前進することを強調

【平壌1月6日発朝鮮中央通信】6日付の各紙は社説で、最高指導者金正恩委員長の新年の辞を体して全党・全軍・全民が総動員されて社会主義強国建設のすべての部門において新たな勝利を勝ち取ろうとアピールした。

「労働新聞」は、新年2018年を偉大な勝利の年に輝かすには、全人民がいつよりも革命的楽観を持ってより奮発して力強くたたかっていかなければならないとし、次のように強調した。

金正恩委員長の指導は強大な社会主義朝鮮の躍動する力、わが革命の百勝の旗印である。

今、米帝とその追随勢力はわが軍隊と人民の胸の中に刻み付けられた朝鮮労働党に対する確固たる信頼、必勝の信念と楽観を一番恐れており、なんとしてもそれを崩そうとあらゆる卑劣な策動を弄している。

全ての党員と人民軍将兵、人民は、敵が最後のあがきをするほど必勝の信念と楽観に満ちて力強くたたかっていくことによって、党中央の構想と決心を立派に実践していく英雄的朝鮮人民の気概を力強く誇示すべきである。

同紙は、ともに、朝鮮労働党の指導に従って英雄朝鮮のたくましい気概を力強く轟かせ、社会主義強国建設の最後の勝利を目指して力強く闘って行こうとアピールした。

「民主朝鮮」紙も、最高指導者金正恩委員長の指導がある限り、2018年は朝鮮人民にとってもう一つの勝利の年として輝くと強調した。---

    関連記事