北朝鮮の金正恩党委員長は1月1日、2018年の施政方針に当たる「新年の辞」を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

金正恩氏はその中で、昨年の「特出した成果」として「国家核戦力完成の歴史的大業を成し遂げたこと」をまず挙げた。そして、核・ミサイル実験の成功で「強力で頼もしい戦争抑止力を保有するようになった」と宣言した。

続いて「米本土全域がわれわれの核打撃射程圏の中にあり、核のボタンは常に私の事務室の机の上に置かれている」と述べ、米国を威嚇した。

その一方、「新年はわが人民が共和国創建70周年を大慶事として記念することになり、南朝鮮では冬季オリンピックが開催されることにより、北と南にとって共に有意義な年である」として、韓国政府が北朝鮮の参加を熱望する平昌冬季五輪に言及。

さらに「われわれは民族的大事を盛大に執り行い、民族の尊厳と気概を内外に宣揚するためにも凍結状態にある北南関係を改善して意義深い今年を民族史に特記すべき出来事的な年に輝かさなければならないと」して、南北関係の改善に前向きと読めるメッセージを送った。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。