北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は29日、署名入りの論評で米国と韓国のせいで「朝鮮半島で核戦争勃発の危険が極度に高まっている」と主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮が核開発を進める要因を作り出したのは米韓であり、同国の核兵器は自衛的抑止力であると正当化した。

論評は、米国が同国の核開発に対して「重大な挑発と威嚇」と言い掛かりをつけながら、国連では「制裁決議」をつくり上げ、「軍事的選択」を実践に移そうとしていると指摘した。