また、「わが共和国は名実共にチュチェの核強国、世界的な軍事強国であり、米国の制裁・圧殺策動をいつまでもそのまま甘受しながら生きるそのような軟弱な国ではない」と強調した。

さらに、「自衛的核抑止力を保有した以上、われわれは米国の反共和国圧殺策動に断固と対処していく」と警告した。

その上で、「われわれは誰が何と言おうと、米国がどのように出ようとかまわず遠回りせず真っ直ぐに進むであろう」とし、「疾風のごとく突き進むチュチェ朝鮮の剛勇な前進を阻める力はこの世にないということを米国ははっきりと認識すべきである」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。