北朝鮮の平壌で28日、昨年5月の朝鮮労働党第7回大会で提示された「国家経済発展5カ年戦略」の遂行状況に関する党・国家・経済・武力機関活動家連席会議が行われた。朝鮮中央通信が伝えた。

朴奉珠(パク・ポンジュ)総理が報告し、「今年の闘いで現れた一連の欠陥と教訓について分析」して、「目標を勝利のうちに達成することについて述べた」という。

会議にはほかに朴永植(パク・ヨンシク)、呉秀容(オ・スヨン)、安正秀(アン・ジョンス)、盧斗哲(ロ・ドゥチョル)、崔輝(チェ・フィ)、朴太徳(パク・テドク)、李萬建(リ・マンゴン)の各氏が参加した。

同通信の報道全文は次のとおり。

党・国家・経済・武力機関活動家連席会議

【平壌12月28日発朝鮮中央通信】国家経済発展5カ年戦略遂行の2017年活動状況総括のための党・国家・経済・武力機関活動家連席会議が28日、平壌で行われた。