北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は28日、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定した問題をめぐり、「米国は、この惑星の癌的存在である」と非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

トランプ氏は6日、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地であるエルサレムを、イスラエルの首都と公式に認定する方針を決め、米国務省にイスラエルの米大使館をテルアビブからエルサレムに移転するよう指示した。

国連安全保障理事会は、トランプ氏の認定を無効とし撤回を求める決議案を採決したが、米国が拒否権を行使したため否決された。

論評は、米国の姿勢に対して、「図々しく振る舞う米帝のヤンキー式ごう慢さの極みである」とし、「中東地域と世界に新しい戦乱の惨禍を招く極悪な平和蹂躙者である米国は、国際の平和と安全について口にする一片の体面もない」と非難した。

さらに、国連加盟諸国は「国連が米国という一介の加盟国の強権と専横に日増しに無残にめった切りにされる悲劇的現実から国連安保理の改革必要性をなおさら痛感している」と主張した。

その上で、「国連と世界の上に君臨しようとする米国は、この惑星の癌的存在である」とし、「合法的権利を獲得するためのパレスチナ人民をはじめとするアラブ人民の正義の偉業に対するわが人民の支持と連帯は確固不動である」と強調した。

※労働新聞は、エルサレムをアラビア語の「クドゥス(聖地)」と表記している。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 米国は惑星の癌的存在

【平壌12月28日発朝鮮中央通信】クドゥスをイスラエルの首都に認めたトランプ行政府の決定に反対する国連安保理決議案表決で米国が拒否権を行使した。

一方、米国防総省がクドゥス問題に関連して全てのアラブおよびイスラム教国家に駐在している米大使館の安全のために海兵隊員を派遣すべきだと唱えている。

28日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、これは地域の平和と安定を願う世界人民の志向と念願を無残に踏みにじってからも図々しく振る舞う米帝のヤンキー式ごう慢さの極みであると糾弾し、次のように強調した。

中東地域と世界に新しい戦乱の惨禍を招く極悪な平和蹂躙(じゅうりん)者である米国は、国際の平和と安全について口にする一片の体面もない。

非同盟諸国をはじめとする全般的国連加盟国は、国連が米国という一介の加盟国の強権と専横に日増しに無残にめった切りにされる悲劇的現実から国連安保理の改革必要性をなおさら痛感している。

国連と世界の上に君臨しようとする米国は、この惑星の癌的存在である。

高慢な帝国主義は国際的な孤立と糾弾、排撃を免れない。

自分の合法的権利を獲得するためのパレスチナ人民をはじめとするアラブ人民の正義の偉業に対するわが人民の支持と連帯は確固不動である。---

    関連記事