人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

北朝鮮の庶民は喜んでいるかと思いきや、逆に不安心理が広がっていると両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

そもそも多くの北朝鮮国民は、食糧を国から配給で得るのではなく、自作したり市場で買ったりしているが、国際社会の経済制裁による不況で現金収入が減少。そのため不安になっている人が多いようだ。

実際、ヤミ金業者からの借金を返す目途が立たないため、年末年始に帰省もできず、路上で商売に励む人もいる。また、市場を訪れる消費者も少しでも安いものを求めてあちこちの店を渡り歩いている。

(参考記事:ヤクザの暴力的な取り立てが横行…北朝鮮で「闇金トラブル」が増加

また、この地方では8月に季節はずれの霜が降りて凶作となったことも、不安心理をさらに煽っているようだ。

    関連記事