人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

朝鮮労働党委員長同志は、今大会で朝鮮労働党第4回細胞書記大会以降、党細胞の活動で収められた成果と経験、内在していたり、あらわになった欠陥が正確に分析、総括されたと述べ、大会が今後、党細胞をいっそう強化するための正しい闘争方向を立てられるようにする重要な契機になったと語った。

朝鮮労働党委員長同志は、こんにち、わが党の前には全党の金日成・金正日主義化の旗印を高く掲げて党の指導力と戦闘力を強化し、第7回党大会が提示した社会主義強国建設のより高い目標を達成すべき任務が提起されており、党の前に提起された重大な任務を成功裏に遂行するには基層党組織、特に党細胞の機能と役割をいっそう強め、積極的な活動が展開されなければならないと述べた。

党細胞を強化するのはわが党の大衆的地盤を強固なものにし、党の指導的役割と戦闘的威力を強化するためのキーポイントとなる。

現時期、党細胞を強化するのはわれわれの前に横たわったあらゆる試練と挑戦を切り抜けて社会主義強国建設偉業の勝利的前進を加速化するための差し迫った要求に提起されている。

    関連記事