北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は22日、韓国の文在寅政権が国防予算を大幅に増額させたことを非難する署名入りの論評を配信した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

韓国国会は6日、2018年度の予算案を可決した。国防分野の予算は43兆1581億ウォン(約4兆5500億円)に確定。前年比増加率は7.0%増で、2009年度の8.7%以来、9年ぶりの高水準となった。

これに対して論評は、「われわれとあくまで軍事的に対決しようとする無謀な妄動である」と糾弾した。