北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は21日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、「われわれはいかなるサイバー攻撃問題とも全く連関がない」と主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米国は今年5月に世界各地の病院や銀行などに被害をもたらしたサイバー攻撃に北朝鮮が関与していたとしている。

一方、報道官は、「すでに数回にわたって明白に言明したように、われわれはいかなるサイバー攻撃問題とも全く連関がなく、そのため米国のとんでもない主張にいちいち対応する必要さえ感じない」と、関与を強く否定した。