北朝鮮の朝鮮中央通信は19日に配信した論評で、トランプ米政権が「非致死性兵器を使用した『人道的な戦争』」を行おうとしていると非難した。

論評は、「去る8月、ホワイトハウスは朝鮮の核兵器を無力化するために試験中のマイクロ波兵器の使用問題を討議した」という米メディアの報道を引用し、米空軍研究所の報道官が、北朝鮮との戦争が起きた場合、「この兵器を利用してロケットが発射されないように電子回路装置をかく乱させるとし、それが強力な爆弾攻撃も要せず、敵側で一人の人命損失もない」と強調したことに言及した。

これに対して、「米本土全域を打撃できる朝鮮の大陸間弾道ロケットを優に発射地点で掃滅できるということであり、次に、米国が非致死性兵器を使用した『人道的な戦争』を行おうとするということである」と指摘した。