北朝鮮の朝鮮中央通信は19日に配信した論評で、トランプ米政権が「非致死性兵器を使用した『人道的な戦争』」を行おうとしていると非難した。

論評は、「去る8月、ホワイトハウスは朝鮮の核兵器を無力化するために試験中のマイクロ波兵器の使用問題を討議した」という米メディアの報道を引用し、米空軍研究所の報道官が、北朝鮮との戦争が起きた場合、「この兵器を利用してロケットが発射されないように電子回路装置をかく乱させるとし、それが強力な爆弾攻撃も要せず、敵側で一人の人命損失もない」と強調したことに言及した。

これに対して、「米本土全域を打撃できる朝鮮の大陸間弾道ロケットを優に発射地点で掃滅できるということであり、次に、米国が非致死性兵器を使用した『人道的な戦争』を行おうとするということである」と指摘した。

また、「いまも誇大妄想に捕われて軍事的選択に期待をかけるトランプ行政府と軍部の戦争狂をして頭を悩ませている」とし、「なんとしても国内外の反戦機運を和らげ、対朝鮮侵略戦争策動を合理化するために考案したのがまさに、非致死性兵器開発説である」と述べた。

さらに、「とんでもない第2の朝鮮戦争、世界的な熱核戦争の安全性、道徳性を内外に認識させて侵略戦争の挑発を容易にしようというたわごと以外に何物でもない」と非難した。

その上で、「ただ新たな戦争挑発にだけ狂奔し、さまざまな権謀術数を作り出す米国こそ、世界の平和と安全のかく乱者、破壊者である。米国の行為は、われわれの戦争抑止力強化の必然性と正当性を再び反証するだけである」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

非致死性兵器開発説は何を狙ったものか 朝鮮中央通信社論評

 

【平壌12月19日発朝鮮中央通信】最近、米国のメディアを通じてわれわれのロケットを狙ったマイクロ波兵器の開発に対する世論が出回っている。

米国のNBC NEWS、CNN放送などの報道によると、去る8月、ホワイトハウスは朝鮮の核兵器を無力化するために試験中のマイクロ波兵器の使用問題を討議したという。

これに対して米空軍研究所の報道官は、朝鮮との戦争が起きる場合、この兵器を利用してロケットが発射されないように電子回路装置をかく乱させるとし、それが強力な爆弾攻撃も要せず、敵側で一人の人命損失もないということについて特別に強調した。

上記主張の要点はまず、米本土全域を打撃できる朝鮮の大陸間弾道ロケットを優に発射地点で掃滅できるということであり、次に、米国が非致死性兵器を使用した「人道的な戦争」を行おうとするということである。

わが国家の「完全破壊」をけん伝する米国が戦争を論じるのは別に驚くべきことではないが、いわゆる非致死性兵器使用を突然持ち出したことに対しては注目せざるを得ない。

今、米国内では米全域を射程圏内に入れたわが核戦力に対する恐怖と不安が増大して対朝鮮武力使用に反対する機運が急激に高まっている。

これは、いまも誇大妄想に捕われて軍事的選択に期待をかけるトランプ行政府と軍部の戦争狂をして頭を悩ませている。

なんとしても国内外の反戦機運を和らげ、対朝鮮侵略戦争策動を合理化するために考案したのがまさに、非致死性兵器開発説である。

それが米帝の反人倫的、反文明的な血なまぐさい侵略戦争行為を覆い隠すためのくだらない世論欺まん用ということが、白日の下にさらけ出された。

11月30日、米国防総省は国際的に大量殺りく兵器と公認されたクラスター(集束)爆弾使用禁止計画を撤回するという声明を発表した。

そして、それが「死活的な軍事力」「依然と安全な兵器」になると公言した。

クラスター爆弾は、1つの親爆弾が空中で多くの子爆弾を散布する残忍な兵器であるため、国際条約によりその使用が禁止されている。

これがまさに、「敵側で一人の人命損失もない」いわゆる「人道的戦争」を願うという米国の本当の実体である。

結局、とんでもない第2の朝鮮戦争、世界的な熱核戦争の安全性、道徳性を内外に認識させて侵略戦争の挑発を容易にしようというたわごと以外に何物でもない。

ただ新たな戦争挑発にだけ狂奔し、さまざまな権謀術数を作り出す米国こそ、世界の平和と安全のかく乱者、破壊者である。

米国の行為は、われわれの戦争抑止力強化の必然性と正当性を再び反証するだけである。

国際社会は、なんとしても世界を戦争のるつぼの中に追い込もうとする米国の策動に警戒心を高めなければならない。---

    関連記事