北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は19日、同国の核ミサイル開発問題をめぐるティラーソン米国務長官の発言を非難し、「核戦力強化の道から一寸も退かない」とする署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

ティラーソン氏は12日、ワシントンで行った講演の場で、「最初の会談は、前提条件なしで開く用意がある」と述べた。しかし、15日に国連安全保障理事会で開かれた北朝鮮問題をめぐる会合では、米国はいかなる前提条件にも応じないと記者団に語り、発言を撤回する形となった。

ティラーソン氏の発言に対して論評は、「前提条件のある会談を提起しようと、前提条件のない会談を提起しようと、米国が狙うのは共和国の核放棄であり、以前と変わったものが何もない」と指摘した。