また、「かいらいがいくら米国の手先になって制裁だの、圧迫だのとわれわれをどうにかしてみようと狂奔しても無用である。かいらいの反共和国制裁騒動はむしろ、われわれの自強力をより強くするだけである」と主張した。

その上で、「わが共和国は、米国とその追随勢力のいかなる挑発にも対処する準備ができている。一寸の前も見通せず、はかない制裁などに期待をかける者に与えられるのは、最も悲惨な終えんのみである」と警告した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事