北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は18日、韓国の文在寅政権が北朝鮮に対して独自制裁措置を行ったことに対して「許せない政治的挑発」と非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」型の発射を受け、文政権は2度目の独自制裁を12月11日付で行った。今回の制裁は、北朝鮮の20団体と12個人を制裁対象に指定。韓国人との金融取引が禁止され、韓国国内の資産が凍結されることになる。

文政権の措置に対して論評は、「共和国に対するもう一つの許せない政治的挑発であり、北と南の和解と団結を望む民族の志向と要求に対する悪らつな挑戦である」と糾弾した。