北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は18日、「朝米対決戦の最後の勝利は確定的である」と主張する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米朝対立が激化するなか、金正恩党委員長を称えることにより体制引き締めを図る意図があると思われる。

論説は、米国をはじめとする国々が、「膨大な核戦略資産を動員して軍事的挑発に狂奔しながら情勢を核戦争勃発の局面により接近させているが、それは滅亡に直面した哀れな連中の断末魔のあがきにすぎない」と指摘した。

また、「米国とその追随勢力の暴悪非道な制裁・圧殺策動の中でも、それほど短い期間に核強国、ロケット強国に浮上したチュチェ朝鮮の英雄神話は、偉大な指導者の周りに一心団結して自力自強の威力で前進するわが軍隊と人民の前途はいかなる力をもってしても阻めないということを明白に実証している」と述べた。

さらに、「今や、いかなる侵略勢力もあえてわれわれに手出しできない。実際の力で国の主権と領土保全を守り、地域と世界の平和を保証しているわが共和国の戦略的地位は誰も否定できない」と強調した。

その上で、「米帝とかいらいがわが共和国を害するために史上最悪の制裁策動とヒステリックな核戦争挑発騒動に狂奔するほど、それは自分らの終局的破滅の時刻を早めるだけである」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 金正恩党委員長をいただいて最後の勝利は確定的

【平壌12月18日発朝鮮中央通信】18日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、白頭山の胆力と度胸を身につけている最高指導者金正恩委員長をいただいてチュチェの革命偉業、祖国統一偉業は必ず実現され、朝米対決戦の最後の勝利は確定的であると明らかにした。

同紙は、白頭山の気概を抱いて屈しない攻撃精神で災いを福に、逆境を順境に転換させて百勝をもたらすのは金正恩委員長の偉大な革命指導方式であるとし、次のように指摘した。

こんにち、米国をはじめ敵対勢力がわが国家の自主権と生存権、発展権を完全に抹殺するために最も野蛮な制裁策動に執着する一方、膨大な核戦略資産を動員して軍事的挑発に狂奔しながら情勢を核戦争勃発の局面により接近させているが、それは滅亡に直面した哀れな連中の断末魔のあがきにすぎない。

米国とその追随勢力の暴悪非道な制裁・圧殺策動の中でも、それほど短い期間に核強国、ロケット強国に浮上したチュチェ朝鮮の英雄神話は、偉大な指導者の周りに一心団結して自力自強の威力で前進するわが軍隊と人民の前途はいかなる力をもってしても阻めないということを明白に実証している。

われわれには、偉大な党、偉大な人民、偉大な力がある。

今や、いかなる侵略勢力もあえてわれわれに手出しできない。

実際の力で国の主権と領土保全を守り、地域と世界の平和を保証しているわが共和国の戦略的地位は誰も否定できない。

米帝とかいらいがわが共和国を害するために史上最悪の制裁策動とヒステリックな核戦争挑発騒動に狂奔するほど、それは自分らの終局的破滅の時刻を早めるだけである。---

    関連記事