北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は17日、韓国の文在寅大統領が訪中したことを非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

文氏は13日から16日にかけて、国賓として訪中。14日には中国の習近平国家主席と会談した。中国は以前より韓国に配備されている米軍の最新鋭高高度迎撃システム(THAAD〈サード〉)に対して反発を示している。韓国メディアによると、習氏は会談で「韓国側がこの問題(THAAD問題)を適切に処理することを望んでいる」と述べたという。

論評は、名指しは避けたが文氏を「南朝鮮執権者」とし、今回の訪中について「対米追従によってもたらされた対外的孤立から脱しようとする汚らわしい哀願訪問である同時に、外部勢力との反共和国制裁・圧迫共助を強めてみようとする犯罪的な同族対決訪問である」と非難した。

同通信の日本語訳では「汚らわしい哀願訪問」とされているが、朝鮮語原文は「物乞い行脚」と、より強い論調で文氏の訪中を揶揄した。

また、「南朝鮮の執権者がわれわれに対する制裁強化をあたかも朝鮮半島と地域の平和のためのことに描写したのはそれこそ図々しい行為だと言わざるを得ない」と指摘した。

その上で、「かいらいは外部勢力にすがりついて事大・売国と同族対決に狂奔するほど、対外的孤立と破滅の危機だけがより深化されるようになるということを銘記すべきである」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」南朝鮮当局者の犯罪的な同族対決訪問を糾弾

【平壌12月17日発朝鮮中央通信】去る13日から16日まで南朝鮮の執権者が中国を訪問した。

これに関連してかいらいは「核問題と平和のための方途協議」だの、「中断要請」だのとけん伝した。

17日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、南朝鮮執権者の今回の訪問は一言で言って、対米追従によってもたらされた対外的孤立から脱しようとする汚らわしい哀願訪問である同時に、外部勢力との反共和国制裁・圧迫共助を強めてみようとする犯罪的な同族対決訪問であると明らかにした。

同紙は、次のように強調した。

南朝鮮の執権者がわれわれに対する制裁強化をあたかも朝鮮半島と地域の平和のためのことに描写したのはそれこそ図々しい行為だと言わざるを得ない。

外部勢力への依存と事大・売国行為によって与えられるのは屈辱と恥だけである。

かいらいは外部勢力にすがりついて事大・売国と同族対決に狂奔するほど、対外的孤立と破滅の危機だけがより深化されるようになるということを銘記すべきである。---

    関連記事