北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は17日、韓国の文在寅大統領が訪中したことを非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

文氏は13日から16日にかけて、国賓として訪中。14日には中国の習近平国家主席と会談した。中国は以前より韓国に配備されている米軍の最新鋭高高度迎撃システム(THAAD〈サード〉)に対して反発を示している。韓国メディアによると、習氏は会談で「韓国側がこの問題(THAAD問題)を適切に処理することを望んでいる」と述べたという。

論評は、名指しは避けたが文氏を「南朝鮮執権者」とし、今回の訪中について「対米追従によってもたらされた対外的孤立から脱しようとする汚らわしい哀願訪問である同時に、外部勢力との反共和国制裁・圧迫共助を強めてみようとする犯罪的な同族対決訪問である」と非難した。