人気記事:金正恩氏が反応「過激アンダーウェア」の美女モデル写真

また、「トランプ一味は先日、3つの原子力空母打撃団を動員した史上最大の連合海上訓練と数百機の航空機、膨大な核先制攻撃手段を引き入れて行った大規模の連合空中訓練に続き、今回またもや日本、南朝鮮のかいらいと共にミサイル警報訓練を強行しながらわれわれを最大に圧迫してみようとした」と述べた。

つづけて、「われわれは、米国がわが共和国の自衛的核抑止力強化にかこつけて危険極まりない戦争演習を引き続き行っていることを絶対に許せない」と強調した。

その上で、「朝鮮半島情勢の安定に実際に関心があるなら、米国の核恐喝政策と核威嚇から国の主権と領土保全を守り、人民の平和な生活を防衛するためのわれわれの戦略核兵器の開発をけなすのではなく、米国の絶え間ない核戦争挑発策動と対朝鮮敵視政策から問題視すべきであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事