北朝鮮外務省の軍縮・平和研究所の所長が15日、日米韓が北朝鮮による弾道ミサイルの発射に備えた訓練を行ったことに対して「重大な軍事的挑発」と反発する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

日米韓は11日と12日の2日間にかけて、北朝鮮による弾道ミサイルの発射に備えた訓練を行った。北朝鮮が弾道ミサイルを発射したという想定で、仮想の弾道ミサイルを日米韓のイージス艦が探知、追跡し、軌道の情報共有の態勢を確認した。

これに対して談話は、「険悪な朝鮮半島と周辺の情勢をさらに悪化させる重大な軍事的挑発である」とし、「米・日・南朝鮮ミサイル警報訓練だけでも昨年に2回、今年には4回も行った事実だけを見ても、トランプ一味の軍事的狂気がどんなに極に達したのかをよく示している」と指摘した。

また、「トランプ一味は先日、3つの原子力空母打撃団を動員した史上最大の連合海上訓練と数百機の航空機、膨大な核先制攻撃手段を引き入れて行った大規模の連合空中訓練に続き、今回またもや日本、南朝鮮のかいらいと共にミサイル警報訓練を強行しながらわれわれを最大に圧迫してみようとした」と述べた。

つづけて、「われわれは、米国がわが共和国の自衛的核抑止力強化にかこつけて危険極まりない戦争演習を引き続き行っていることを絶対に許せない」と強調した。

その上で、「朝鮮半島情勢の安定に実際に関心があるなら、米国の核恐喝政策と核威嚇から国の主権と領土保全を守り、人民の平和な生活を防衛するためのわれわれの戦略核兵器の開発をけなすのではなく、米国の絶え間ない核戦争挑発策動と対朝鮮敵視政策から問題視すべきであろう」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

米国が米・日・南朝鮮ミサイル警報訓練を通じて追求する目的を暴露 朝鮮外務省軍縮・平和研究所の所長

【平壌12月15日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省軍縮・平和研究所の所長は15日、次のような談話を発表した。

最近、米国がわれわれの弾道ロケットを探知および追跡するという口実の下で朝鮮半島水域で日本、南朝鮮のかいらいと共にまたもやミサイル警報訓練なるものを強行した。

米国主導の下で、今年に入って4回目に行われたミサイル警報訓練は、そうでなくても険悪な朝鮮半島と周辺の情勢をさらに悪化させる重大な軍事的挑発である。

米国が朝鮮半島と周辺で各種の名目の合同軍事演習を絶えず強行している中、米・日・南朝鮮ミサイル警報訓練だけでも昨年に2回、今年には4回も行った事実だけを見ても、トランプ一味の軍事的狂気がどんなに極に達したのかをよく示している。

米・日・南朝鮮ミサイル警報訓練を通じて米国が追求する基本目的は、誰それの「核・ミサイル威嚇」に対処するという口実の下にアジア太平洋地域で自分らの軍事的覇権を維持するためのミサイル防衛(MD)システム樹立と3角軍事同盟つくり上げにいっそう拍車をかけようとするところにある。

米国のMDシステム樹立策動と3角軍事同盟つくり上げの試みは必ずや、朝鮮半島を取り囲む北東アジア地域で新たな軍備競争と「新冷戦」を招くことになるであろう。

トランプ一味は先日、3つの原子力空母打撃団を動員した史上最大の連合海上訓練と数百機の航空機、膨大な核先制攻撃手段を引き入れて行った大規模の連合空中訓練に続き、今回またもや日本、南朝鮮のかいらいと共にミサイル警報訓練を強行しながらわれわれを最大に圧迫してみようとした。

われわれは、米国がわが共和国の自衛的核抑止力強化にかこつけて危険極まりない戦争演習を引き続き行っていることを絶対に許せない。

現実は、わが共和国が長々半世紀以上持続してきた米国の核威嚇と恐喝に永遠にピリオドを打ち、わが民族の安全と強盛・繁栄、朝鮮半島と地域の平和をしっかりと保証することのできる強力な核抑止力を備えたのがどんなに正々堂々たるものかを示している。

誰であれ、朝鮮半島情勢の安定に実際に関心があるなら、米国の核恐喝政策と核威嚇から国の主権と領土保全を守り、人民の平和な生活を防衛するためのわれわれの戦略核兵器の開発をけなすのではなく、米国の絶え間ない核戦争挑発策動と対朝鮮敵視政策から問題視すべきであろう。---

    関連記事