北朝鮮外務省の軍縮・平和研究所の所長が15日、日米韓が北朝鮮による弾道ミサイルの発射に備えた訓練を行ったことに対して「重大な軍事的挑発」と反発する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

日米韓は11日と12日の2日間にかけて、北朝鮮による弾道ミサイルの発射に備えた訓練を行った。北朝鮮が弾道ミサイルを発射したという想定で、仮想の弾道ミサイルを日米韓のイージス艦が探知、追跡し、軌道の情報共有の態勢を確認した。

これに対して談話は、「険悪な朝鮮半島と周辺の情勢をさらに悪化させる重大な軍事的挑発である」とし、「米・日・南朝鮮ミサイル警報訓練だけでも昨年に2回、今年には4回も行った事実だけを見ても、トランプ一味の軍事的狂気がどんなに極に達したのかをよく示している」と指摘した。