北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は14日、「(朝米対決の)主導権は朝鮮の手中に確固と握られている」とする署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、トランプ米大統領の無謀な対決政策によって米国が北朝鮮を恐れるようになったとし、「朝米対決の形勢は共和国の信念と意志通りに流れており、主導権は朝鮮の手中に確固と握られている」と主張した。

    関連記事