北朝鮮国営の朝鮮中央通信は9日、金正恩党委員長が同国最高峰の白頭山に登ったと報じた。日時は明らかにされていない。一方で、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は、白頭山のある両江道(リャンガンド)三池淵(サムジヨン)郡の住民の話として、先月29日から今月3日にかけて外部との交通と通信が全面的に遮断され、多くの人が足止めされたと報じた。

(関連記事:金正恩氏「白頭山」に登る

氷点下33度

現地の情報筋によると、先月29日から三池淵発着のすべてのバスの運行が停止となった。事前の知らせがまったくなかったため、知らずに旅客バス事業所(バスターミナル)に行き、その場で「当分の間バスは来ない」と知らされた人びとが、関係者に強く抗議する一幕もあった。バスの案内員は「中央の指示による措置」との説明を繰り返したという。