北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は9日、核開発を正当化する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、同国が先月29日に行った大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」型の試射の成功を通じて「朝鮮人民は自分の偉業の正当性をさらに痛感し、核のこん棒を振り回す米国と立ち向かって国の自主権と領土保全、地域の平和を守ることのできる道はただ、自分の力を百倍、千倍に強化する道だけであることを再度はっきり刻み付けた」と強調した。

また、「朝鮮の戦略兵器の開発と発展は全的に、米帝の核恐喝政策と核威嚇から国の自主権と領土保全を守って人民の平和な生活を防衛し、朝鮮半島と地域の恒久平和と安定を守るためのものだ」と主張した。

さらに、「われわれの核攻撃能力が大きくて優れるほど、侵略勢力の挑戦を制圧できる力はそれほどより強くなり、わが祖国は永遠に誰も手出しできない尊厳ある強国として光を放つであろう」とし、「われわれの大陸間弾道ロケット『火星15』型は、わが国家の利益を侵害しない限り、いかなる国や地域にも脅威にならない」と述べた。

その上で、「われわれの核抑止力は徹頭徹尾、朝鮮人民の不倶戴天の敵である米帝国主義を狙ったものである。誰が何と言っても、民族の運命と自主権をしっかり守り、朝鮮半島と地域の平和と安定を守り抜くためのわれわれの戦争抑止力の使命は絶対に変わらない」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「労働新聞」 朝鮮の核戦力建設は正当な戦略的選択

【平壌12月9日発朝鮮中央通信】9日付の「労働新聞」は署名入りの論説で、新型の大陸間弾道ロケット「火星15」型試射の大成功を通じて朝鮮人民は自分の偉業の正当性をさらに痛感し、核のこん棒を振り回す米国と立ち向かって国の自主権と領土保全、地域の平和を守ることのできる道はただ、自分の力を百倍、千倍に強化する道だけであることを再度はっきり刻み付けたと明らかにした。

同紙は、朝鮮の戦略兵器の開発と発展は全的に、米帝の核恐喝政策と核威嚇から国の自主権と領土保全を守って人民の平和な生活を防衛し、朝鮮半島と地域の恒久平和と安定を守るためのものだと主張した。

また、朝鮮の核戦力建設は共和国に対する敵対勢力の横暴な圧迫と軍事的・政治的恐喝に完全にけりをつけるための最も正当な戦略的選択だとし、次のように強調した。

われわれの核攻撃能力が大きくて優れるほど、侵略勢力の挑戦を制圧できる力はそれほどより強くなり、わが祖国は永遠に誰も手出しできない尊厳ある強国として光を放つであろう。

われわれの大陸間弾道ロケット「火星15」型は、わが国家の利益を侵害しない限り、いかなる国や地域にも脅威にならない。

われわれの核抑止力は徹頭徹尾、朝鮮人民の不倶戴天の敵である米帝国主義を狙ったものである。

誰が何と言っても、民族の運命と自主権をしっかり守り、朝鮮半島と地域の平和と安定を守り抜くためのわれわれの戦争抑止力の使命は絶対に変わらない。---

    関連記事