これに対して、「軍国主義海外侵略野望を実現するための自分らの危険極まりない軍事大国化策動に最もらしい名分を付与し、自分らに向けられる国際社会の厳しい視線を防いでみようとするところにある」とした。

さらに、「今、日本の現当局が狙うのは自分らの海外侵略を束縛する戦後体制から脱皮して、海外侵略野望を実現するための無制限の道をつくるところにある」と述べた。

その上で、「日本の反動層は米国を後ろ盾にしてヒステリックに駆り立てる軍国主義馬車が日本の運命を破滅のどん底に押し込むということをはっきり知り、むやみに軽挙妄動してはならない」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事