北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は8日、日本の安倍政権を非難する署名入りの論評を配信した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、安倍晋三首相が「国会参院本会議で『北のミサイル攻撃』から国民の生命と平和な生を守るために、敵基地に対する先制攻撃能力の保有も積極的に検討する必要があると唱えた」と指摘した。

また、日本で「『北のミサイル攻撃』を受ける場合を想定した住民退避および対応訓練が頻繁に行われている」と述べた。