つづけて、「トランプの側近らが吐く戦争の妄言と無謀な軍事的動きは、現米行政府が朝鮮半島であくまでも戦争を起こすために決心して、行動の段階を次々と踏んでいるということを立証している」と指摘した。

その上で、「われわれは戦争を願わないが決して避けないであろうし、米国がわれわれの自制力を誤って判断してあくまでも核戦争の導火線に火をつけるなら、打ち固めてきた強大無比の核戦力で必ずその代価を払わせるであろう」と威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事