北朝鮮外務省の報道官(スポークスマン)は6日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、米国が「好戦的な妄言を並べ立てるなど尋常でない動きを見せている」と非難した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

報道官は、「ホワイトハウスの国家安保補佐官と共和党所属議会上院議員が『北朝鮮との戦争可能性』が毎日増大しているだの、『先制攻撃』の選択にさらに接近しているだの、南朝鮮駐留米軍家族を撤収させなければならないだのなどの火薬のにおいが漂う対決の妄言を並べ立てたのは、われわれに朝鮮半島での戦争勃発に備えろという信号としかほかに解釈されない」と強調した。

また、「米国が連続繰り広げている大規模の核戦争演習によって朝鮮半島にいつ戦争が起こるか知れない一触即発の超緊張状態が醸成されている中、米国の高位政客らの口から相次いで吐かれている戦争の暴言によって朝鮮半島での戦争は既定事実化し、今、残っているのはいつ戦争が起こるかという時点上の問題である」と述べた。

つづけて、「トランプの側近らが吐く戦争の妄言と無謀な軍事的動きは、現米行政府が朝鮮半島であくまでも戦争を起こすために決心して、行動の段階を次々と踏んでいるということを立証している」と指摘した。

その上で、「われわれは戦争を願わないが決して避けないであろうし、米国がわれわれの自制力を誤って判断してあくまでも核戦争の導火線に火をつけるなら、打ち固めてきた強大無比の核戦力で必ずその代価を払わせるであろう」と威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮外務省の代弁人、米国高位政客らの好戦的な反共和国妄言を糾弾

【平壌12月6日発朝鮮中央通信】朝鮮外務省のスポークスマンは最近、米国の高位政客らがわれわれに対する挑発的な妄言をこととしていることに関連して6日、朝鮮中央通信社記者の質問に次のように答えた。

米国が朝鮮半島でわれわれを狙った史上最大の連合空中訓練を強行している中、最近、米国の高位政客らが次々と出て好戦的な妄言を並べ立てるなど尋常でない動きを見せている。

ホワイトハウスの国家安保補佐官と共和党所属議会上院議員が「北朝鮮との戦争可能性」が毎日増大しているだの、「先制攻撃」の選択にさらに接近しているだの、南朝鮮駐留米軍家族を撤収させなければならないだのなどの火薬のにおいが漂う対決の妄言を並べ立てたのは、われわれに朝鮮半島での戦争勃発(ぼっぱつ)に備えろという信号としかほかに解釈されない。

はては、米中央情報局長なるやつがわれわれの心臓部である最高指導部にまであえて言い掛かりをつけながら挑発をしかけたのは、われわれが強硬対応措置を講じるようにし、それにかこつけて朝鮮半島で核戦争の導火線になんとしても火をつけようとする米国の狡猾(こうかつ)な腹黒い下心の露出である。

米国が連続繰り広げている大規模の核戦争演習によって朝鮮半島にいつ戦争が起こるか知れない一触即発の超緊張状態が醸成されている中、米国の高位政客らの口から相次いで吐かれている戦争の暴言によって朝鮮半島での戦争は既定事実化し、今、残っているのはいつ戦争が起こるかという時点上の問題である。

トランプの側近らが吐く戦争の妄言と無謀な軍事的動きは、現米行政府が朝鮮半島であくまでも戦争を起こすために決心して、行動の段階を次々と踏んでいるということを立証している。

世界は、朝鮮半島の情勢緊張の張本人が誰であり、世界の平和と安定のかく乱者が誰なのかをはっきりと見分けるべきであろう。

米国は毎日のように朝鮮半島での核戦争を宣伝しており、これはわれわれの当然な警戒心を呼び起こしている。

われわれは戦争を願わないが決して避けないであろうし、米国がわれわれの自制力を誤って判断してあくまでも核戦争の導火線に火をつけるなら、打ち固めてきた強大無比の核戦力で必ずその代価を払わせるであろう。

米国は自分がつけた火に焼け死にたくないなら、自重自粛する方がよかろう。---

    関連記事