北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は5日、署名入りの論評で同国の戦略兵器の開発は「朝鮮半島と地域の恒久平和と安定を保証する正々堂々たる自衛的措置によるものだ」と強調した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「朝鮮の新型の大陸間弾道ロケット試射の成功にびっくり仰天して戦々兢々するのは米国とその追随勢力だけだ」と指摘した。

つづけて、「これは、自主と平和のために努力の限りを尽くしているわれわれの戦略的選択と並進路線が全く正当であり、わが共和国の前進を阻める者はこの世にいないということを再度実証している」と主張した。