北朝鮮の内閣機関紙・民主朝鮮は5日、署名入りの論評で同国の戦略兵器の開発は「朝鮮半島と地域の恒久平和と安定を保証する正々堂々たる自衛的措置によるものだ」と強調した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論評は、「朝鮮の新型の大陸間弾道ロケット試射の成功にびっくり仰天して戦々兢々するのは米国とその追随勢力だけだ」と指摘した。

つづけて、「これは、自主と平和のために努力の限りを尽くしているわれわれの戦略的選択と並進路線が全く正当であり、わが共和国の前進を阻める者はこの世にいないということを再度実証している」と主張した。

また、「高い水準で実現されたわれわれの国家核戦力完成の歴史的大業について敵がいくらどうのこうのとけなし、その自衛的性格をミスリードしようと狂奔しても、それはたわいない空威張りにすぎない」と述べた。

その上で、「われわれは、名実相伴う責任ある核強国、平和愛好国家として世界の平和と安定を守ることに努力の限りを尽くすであろう」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

「民主朝鮮」紙 朝鮮の前進を阻める者はこの世にいない

【平壌12月5日発朝鮮中央通信】5日付の「民主朝鮮」紙は署名入りの論評で、朝鮮の戦略兵器の開発と発展は全的に米帝の核恐喝政策と核威嚇から国の自主権と領土保全を守護し、人民の平和な生活を守り、朝鮮半島と地域の恒久平和と安定を保証する正々堂々たる自衛的措置によるものだと強調した。

同紙は、今、朝鮮の新型の大陸間弾道ロケット試射の成功にびっくり仰天して戦々兢々するのは米国とその追随勢力だけだとし、次のように指摘した。

これは、自主と平和のために努力の限りを尽くしているわれわれの戦略的選択と並進路線が全く正当であり、わが共和国の前進を阻める者はこの世にいないということを再度実証している。

高い水準で実現されたわれわれの国家核戦力完成の歴史的大業について敵がいくらどうのこうのとけなし、その自衛的性格をミスリードしようと狂奔しても、それはたわいない空威張りにすぎない。

われわれの自衛的核抑止力は、わが国家の利益を侵害しない限り、いかなる国や地域にも脅威にならない。

われわれは、名実相伴う責任ある核強国、平和愛好国家として世界の平和と安定を守ることに努力の限りを尽くすであろう。

自主の道へ進むわれわれの力は底知れないものであり、祖国統一と民族万代の繁栄を実現するための歴史的偉業もわが民族の団結した力で必ず成就するであろう。---

    関連記事