北朝鮮の祖国平和統一委員会(祖平統)の報道官(スポークスマン)が3日、米韓合同軍事演習を非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米韓軍は4日から、韓国の空軍基地で空中戦の合同演習を行う。今年は米国の最新鋭ステルス戦闘機など約230機の航空機が参加する過去最大規模の演習になる。

談話は、演習に対して、「先鋭な朝鮮半島情勢を一触即発の核戦争の局面に追い込む重大な軍事的挑発である」と非難した。