北朝鮮の祖国平和統一委員会(祖平統)の報道官(スポークスマン)が3日、米韓合同軍事演習を非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米韓軍は4日から、韓国の空軍基地で空中戦の合同演習を行う。今年は米国の最新鋭ステルス戦闘機など約230機の航空機が参加する過去最大規模の演習になる。

談話は、演習に対して、「先鋭な朝鮮半島情勢を一触即発の核戦争の局面に追い込む重大な軍事的挑発である」と非難した。

また、「侵略者、挑発者がほかでもなく米国とかいらい好戦狂であることをはっきりと示しており、われわれが並進路線の不変の進路に沿って強力な戦争抑止力を全ての面から打ち固めたのが全く正しかったということをよりはっきり実証している」と強調した。

さらに、「われわれはこの機会に、わが国家と人民に対する米国とその追随勢力の妄動に対処して史上最高の超強硬対応措置の断行を慎重に考慮するであろうし、その代償を必ず払わせると闡明した朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長同志の去る9月21日の声明を再び想起させざるを得ない」と強調した。

その上で、米韓に対して「恐ろしい報復の火薬が固められ、悲惨な自滅の時刻が早められるということをはっきりと認識すべきである」と威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

挑発には無慈悲な報復が伴う 祖平統代弁人談話

【平壌12月3日発朝鮮中央通信】朝鮮祖国平和統一委員会(祖平統)のスポークスマンが、4日から朝鮮を「焦土化」するための米国と南朝鮮かいらい好戦狂の侵略的な連合空中訓練が最大規模で行われることで3日、談話を発表した。

米国とかいらいは、すでに今回の連合空中訓練が「北の核施設とミサイル基地をはじめ核心標的700余りを焦土化する歴代最大の訓練になる」だの、「空中戦の王」と呼ばれる先端飛行隊が投入される「史上初めての打撃行動」として、「北に対する最大の圧迫になる」だのとけん伝している。

スポークスマンは、問題になるのは今回の実戦訓練がわれわれの国家核戦力完成の歴史的大業、ロケット強国偉業の実現にびっくり仰天した狂人大統領のトランプが「絶対に許せない」「何でもする」として、ヒステリックに狂奔しているのとタイミングを合わせて強行されるというところにあるとし、次のように強調した。

今回の戦争演習は、そうでなくても先鋭な朝鮮半島情勢を一触即発の核戦争の局面に追い込む重大な軍事的挑発である。

現実は、朝鮮半島と地域の平和を蹂躙(じゅうりん)し、安定を踏みにじる侵略者、挑発者がほかでもなく米国とかいらい好戦狂であることをはっきりと示しており、われわれが並進路線の不変の進路に沿って強力な戦争抑止力を全ての面から打ち固めたのが全く正しかったということをよりはっきり実証している。

われわれはこの機会に、わが国家と人民に対する米国とその追随勢力の妄動に対処して史上最高の超強硬対応措置の断行を慎重に考慮するであろうし、その代償を必ず払わせると闡明(せんめい)した朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長同志の去る9月21日の声明を再び想起させざるを得ない。

米国とかいらい軍部好戦狂は、強行する挑発の度合いが高まるほど、働いた罪悪が上塗りされるほど、恐ろしい報復の火薬が固められ、悲惨な自滅の時刻が早められるということをはっきりと認識すべきである。---

    関連記事