北朝鮮の朝鮮中央通信は29日に配信した論評で、米国の下院が来年の国防予算を7000億ドルに増やした「2018国防権限法改正案」を通過させたことを非難した。

論評は、「2011年に制定された予算統制法によって、米国では2021年まで国防予算を毎年6000億ドル以下に制限するようになっているにもかかわらず、トランプ一味は今年3月、すでに国防予算を540億ドルも増額させ、来年には記録的な規模に増やそうとしている」と指摘した。

つづけて、「看過できないのは、米国がこのような軍事費増額の理由に『北朝鮮の核・ミサイル脅威』を持ち出していることである」と述べた。