北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は28日、署名入りの論評で米国が国防予算を大幅に増額したと非難した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

米下院は14日、7000億ドル(約77兆円)の2018会計年度(2017年10月〜2018年9月)の国防予算の大枠を決める国防権限法案を可決した。これは、トランプ米大統領が要求した6342億ドル(約70兆円)を大幅に上回る額である。また、地上配備型迎撃ミサイル28基の追加などを決定した。

論評はこれに対して、「反米・自主的な国、潜在的なライバルを力で脅かし、世界の支配者に君臨しようとする米帝の暴悪非道で侵略的な正体を再度明白に暴露している」と非難した。