また、「看過できないのは米国が共和国の『核・ミサイル脅威』なるものを口実にして莫大な予算をつぎ込み、朝鮮半島に対する侵略と世界覇権戦略を実現してみようと狂奔していることだ」と述べた。

さらに、「わが共和国を圧殺するために史上類例のない経済制裁と軍事的威嚇・恐喝に狂奔している米国が軍費を大幅に増額するのは、北侵核戦争挑発の前奏曲である」と強調した。

その上で、「共和国は軍費増額に血眼になって狂奔しながら北侵核戦争の危険を高調させる米帝好戦狂らの無分別な挑発騒動を決して傍観せず、それに断固と対応していく」と主張した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事