また、「米国の対朝鮮敵視政策とアジア太平洋支配戦略実現の突撃隊になって朝鮮半島と地域の情勢を激化させている日本の反動層は朝鮮人民とアジア人民の不倶戴天の敵、世界平和の癌的存在だ」と非難した。

さらに、「新たな罪を上塗りしながら再侵略野望をためらわずにさらけ出す憎らしい島国の反動層に対するわが千万軍民の憤怒と敵愾心は活火山のごとく沸き返っている」と強調した。

その上で、「われわれは、日本反動層のよこしまな妄動を決して傍観せず、極悪な反共和国挑発の代価を必ず百倍、千倍に払わせるであろう」と威嚇した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

    関連記事